アールビバンとは

アールビバン(ART VIVANT Co,LTD.)というのは、フランス語で、「絵のある生活」という意味があります。

つまり、絵のある生活を勧めている企業の企業名なのです。

アールビバンとは、本社は東京都品川区にあり、版画等の販売を行っている会社です。

ジャスダックにも上場している、非常に大きな版画や美術品の販売会社となっています。

アールビバンの経営理念は「絵を通じて一人でも多くの人々に夢と希望をもたらし、豊かな生活文化に貢献します」というものです。

そのために、高額で一般の人にはなかなか手に入りにくい油彩などを取り扱うのではなく、多くの人々が手を届かせることができる価格帯で美術品を提供できるというところに注目して、版画を販売しています。

一部の富裕層のみが楽しめる美術品ではなく、一般の人々も本物の良さに触れるような機会を増やすため、版画という美術品を選び、版画マーケットを確立しようとしています。

アールビバンは、1984年に港区南青山で設立した後、1986年には直営ギャラリーをオープンさせ、その後さまざまな芸術家たちと販売契約を締結してきました。

また多くの作家と独占出版契約を結ぶことで、アールビバンでしか手に入らない作家と作品という希少価値を作り出し、作家に対する評価をあげることに一役買いました。

その後も、国内外の多くの芸術家と契約を結んできましたが、近年では、ウォルトディズニーエンタープライズとの契約も結んでおり、多くの作品を取り扱っています。

関連サイト紹介・・>[アールビバンは30周年